オーガニック料理レシピ

【大発見】すご~く甘い「甘酒」の作り方

amazake2

こんにちは、オーガニック料理教室G-veggie代表のはりまや佳子です。

ここ最近、疲れがとれない!!というあなたにおススメな食べ物は…「甘酒」。

甘酒といってもお米だけで作っていてアルコール分は一切入っていないので、お子さんからご高齢の方まで安心していただくことができます。

お米で作った甘酒は「飲む点滴」とも呼ばれていて、病気の時に病院で受ける点滴の成分でもある、必須アミノ酸全種、ブドウ糖、各種ビタミン群、食物繊維がバランスの良く含まれている上に、消化吸収も大変よいので毎日の健康づくりにもピッタリ。

エアコンがなかった時代は冬の「寒さ」で亡くなる方より、夏の「熱波」で命を落とす方の方が圧倒的に多かったため、江戸時代には夏に甘酒を売り歩く商人がたくさんいたとのこと…ですから「甘酒」の季語は「夏」決められているそうなのです。

ここ最近、健康志向の方々に人気が高まってきたおかげで、自然食品店さんで手軽に「甘酒」を買うことができるようになりましたが、自分で作る方法を知っておくと便利ですよ!!

そこで今日は甘酒の作り方をご紹介しますね。

G-veggie 12期生

甘酒の作り方

《材 料》

乾燥米麹 500g / 残りのご飯 450g

《作り方》

  1. 乾燥米麹を約40℃に暖めたお湯(200cc)の中にいれて30分~1時間おく
  2. 残りご飯をやわらかめのおかゆに炊く
  3. お湯でもどした米麹とおかゆを炊飯ジャーに入れて、手早く混ぜる
  4. 炊飯ジャーの保温のスイッチを入れて、フタを開けて6時間~8時間おく。このとき布巾やまきすをかけておくとホコリが入らない
  5. 時折、温度を確認する~ 55℃が適温ですが、温度がそれ以上になったら一旦保温のスイッチを切りフタを閉めて、60℃以上にならないように調節する
  6. クリーミーな甘酒の素に仕上げたいときには、できあがった甘酒の素をミキサーにかけるか、裏ごしする。

甘酒講座

と、ここまでがこれまでの甘酒の作り方でしたが、この方法ですと売っているものに比べて甘味が足りないので、先日ちょっと思いついて一工夫して作ってみたところ、ものすごーく甘い玄米甘酒を作ることに成功しました。

その方法とは…

ものすごーく甘い甘酒の作り方

作り方②の残りのご飯をやわらかめのおかゆに炊いたら、ご飯がどろどろになるまでハンドミキサーにかけ、それを戻した麹と合わせて炊飯器でじっくり発酵させるだけ!!

 

甘酒が甘くならない原因は「食品の分解」が進んでいないためでしたので、その分解を人工的にハンドミキサーでしてしまうことにより、ビックリするほど甘い甘酒が完成いたしました!!

昨日のレッスンのときにこの方法で作った甘酒を、オーガニック料理教室G-veggieの生徒の皆さんに食べていただいたところ、生徒さんから一斉に「あま~い!!」という歓声があがりました。。

それから甘~い甘酒が好みの方は、白米米麹と白米ごはん、オーガニックにこだわりたい方は玄米米麹と玄米ご飯の組わせでつくってみてくださいね。 ちなみに私は白米米麹とオーガニック玄米の組み合わせで作って、オーガニックにこだわりつつも甘くて美味しい甘酒生活を楽しんでいます♪

上記の方法で作ったものは甘酒の素なので、食べるときにはお湯で2倍にうすめた後、熱くして飲むとおいしい甘酒が楽しめます。

 

G-veggieおすすめの甘酒ドリンクレシピ

★ジンジャー甘酒

甘酒と同量の水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら、おろし生姜を入れる

★穀物コーヒーの甘酒ラテ
甘酒と同量の水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら、穀物コーヒーを入れる

★抹茶甘酒ラテ
甘酒と同量の水を鍋に入れ火にかけ沸騰したら、水で溶いた抹茶を入れる

★チャイティーの甘酒ラテ
甘酒と同量の水で作ったチャイ・ティーを鍋に入れ火にかけて温める

cafe-latte

 

甘酒は冷たくしても美味しくいただけますが、冷たい飲み物は胃や腸にとても負担がかかりますので、なるべくHOTでいただくようにしてみてくださいね。

上記の方法で甘酒をつくると1キロほど甘酒ができますので、小分けにして使わない分は冷凍保存し、使う時には自然解凍してから使うようにしてみてくださいね。

甘酒を作る時間がないときには、オンラインショップでお買い求めいただけます。
★有機あまざけ 250g

 

有機甘酒

それから…甘酒は素晴らしい発酵食品で、甘い物好きで便秘お悩みの方の救世主!! 甘い物生活を楽しみながら便秘とサヨナラしたい方は、白い砂糖など腸に負担をかける甘味料を甘酒にチェンジして、甘酒生活をはじめてみてせんか。。 そうすれば便秘が解消して、おまけにお肌もきれいになってきますよ。

 

実際に甘酒作りを学んでみたい方、G-veggieの1DAYレッスンにいらっしゃいませんか?

【1DAY】残りごはんで「飲む美容液」米麹甘酒を作ろう!!

甘酒

【開催日】
●05月18日(木)10:00 – 12:00
●05月27日(土)15:00 – 17:00
●06月15日(木)10:00 – 12:00
●06月24日(土)15:00 – 17:00
 
【受講料】5,400円(税込)
* お土産:綾子先生特製甘酒ドリンク付き
【開催場所】
オーガニック料理教室G-veggie 蒲田校
東京都大田区東蒲田2-5-11
(京急蒲田駅徒歩6分/JR・東急蒲田駅徒歩12分)
 
【持ち物】
 筆記用具・エプロン・バンダナやゴムなど髪をまとめるもの
 お土産甘酒を持ち帰る容器(100cc程度のタッパー)
 
【申込フォーム】

甘い物はみなさんを幸せにしてくれるもの。。 だからこそ極上な食べ物で、最高の幸せを手に入れてくださいね。

 

【4月開講】オーガニック料理基礎コース 第12期生募集中!!

日本のオーガニック料理を学びたい方、是非一度G-veggieにいらしてくださいね♪

 

【無料】スクール見学会@銀座&蒲田

g-veggie12%e6%9c%9f%e7%94%9f

みなさまのご来校をスタッフ一同、心からお待ちしています。

第12期生募集中!オーガニック料理教室G-veggie

作って美味しいだけの料理教室ではありません。

健康でキレイになれる【理論】も学ぶことが出来ます。

卒業生は1,800人以上。日本最大のオーガニック料理教室です。誰もがはじめやすい「日本一簡単なオーガニック料理」。見てたのしい、食べておいしい「素肌美人をつくる」オーガニック料理を食卓に!

  • 基礎から学べますので、初心者の方も安心です。

  • 他の曜日に何回でも振替可能です。

  • DVDでの補講が出来ます。

  • お支払いは一括または月謝も受け付けています。

  • 講師: はりまや佳子・宮入香織・青木曜子・森本育代


 

第12期生基礎コース(1年間)ただ今入校受付中!

詳しくはこちらから

コメント

  1. 林久美子 より:

    玄米甘酒作りたいのですが炊飯器がない場合、作る方法はありますか⁉︎

コメントを残す

*