オーガニック料理レシピ

【オーガニック料理】大根のシャキシャキきんぴら

大根とひじきのきんぴら

安くてボリュームがあって庶民の味方の野菜といえば、大根! 日本人に1番愛されている野菜といっても過言ではないのではないでしょうか。

演技の下手な俳優さんのことを「大根役者」と呼びますが、これは大根はどんな風に料理をしても、めったなことでは食当たり(しょくあたり)せず、大量に食べてもお腹をこわすことがないというところから、役者として当たらない、または当たりのとれないことをかけたことから呼ばれているそう。

大根は部位によって味が異なりますので、葉に近い部分はサラダなどの生で、真ん中の太い部分は煮物に、先端の方にいくと辛味が強くなるので、おろして薬味などに使うと1本丸ごと使いきれますね。 また、大根の葉は立派な冬の緑黄色野菜。 みそ汁の具や野菜炒めやチャーハン、炒め煮などに入れると美味しいだけではなく鮮やかな緑色が料理を美味しく演出してくれます。

また皮と実の間には肌を再生するビタミンCが、中心の実の部分よりも多く含まれていますので、皮をむいては本当はもったいないのです。  でも、オーガニックの大根を選べば皮ごと食べられるので安心です。

CQ055_L

 

大根のシャキシャキきんぴら

材 料

大根   350g / エリンギ 100g  / 油揚げ 1枚 / ひじき 10g  / ブロッコリーの茎  1本分 / 菜種サラダ油 少々 / 味の母 大さじ3 / 薄口醤油 大さじ4 / ごま油 少々

★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ e-Macrobiotic shop

PA01093323

下ごしらえ

  • 大根  ⇒ 5㎝の長さに切り、短冊に切る
  • エリンギ ⇒ 大根と同じくらいの大きさに切る
  • 油揚げ ⇒   幅を2等分にし、大根と同じくらいの大きさに切る
  • ひじき ⇒   水で戻し、5センチの長さに切る
  • ブロッコリーの茎  ⇒  皮を剥き、大根と同じ大きさに切る

 

作り方
  1. フライパンに菜種サラダ油を熱し中火にし、ブロッコリーの茎・大根・エリンギ・油揚げ・長ひじきの順に入れ炒める。
  2. 全体に油が回ったら、味の母を加え汁気が無くなるまで中火で炒め煮にする。
  3. 薄口醤油を回し入れ味を整え、火を止める。
  4. 香りづけのごま油を加えて、出来上り

 

オーガニック料理やマクロビオティックを実践している方には、みりんや日本酒の代わりに、味の母という調味料を使う方が多いようですね。

通常の本みりんは焼酎にもち米と麹を加えて糖化させるのに対し、味の母は、米、米麹を原料として日本酒の基となる(もろみ)を醸造し、塩を加えさらに二段式糖化工程を経た発酵調味料です。

みりんの旨みとお酒の風味を併せ持ち、酒精分も多く、調理効果を発揮しますので、1本で2役してくれるところが人気の秘密! しかもとってもリーズナブルなお値段なので、ご自宅のみりんや日本酒がなくなった時にはぜひ、お試しくださいね。

DSC_3895

★G-veggieのオーガニック料理レシピ集

★G-veggieの1DAYレッスン

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。

ソムリエNEW

オーガニック料理教室G-veggie 代表 はりまや佳子

(銀座校)中央区銀座3-12-19 銀座楽心ビル1階

(蒲田校)大田区東蒲田2-5-11

オーガニック料理の認定資格です。【オーガニック料理ソムリエ】

1日7時間の講習・実技で取得出来る、「オーガニック料理の基礎知識と調理技術を証明する」

一般社団法人日本オーガニックライフ協会認定資格です。

資格取得された方の活動:

  • オーガニック料理レシピを雑誌・WEBに執筆

  • NY特派員としてブログアクセス数アップ

  • パーソナルシェフサービス運営

  • ファーマーズマーケットに出店

  • オーガニック料理教室の開催

  • 自然食カフェ開業


※オーガニック料理ソムリエ取得者の活動はこちらから → Naverまとめ1   Naverまとめ2

「オーガニック料理ソムリエ」を取得して、夢を実現させましょう。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

*