オーガニック料理レシピ

【オーガニック料理】ティラミス風甘酒パンプキン

甘酒ティラミス

イタリアン・ドルチェの代表選手ティラミス。 濃厚で美味しいスイーツはみんなに大人気ですよね。

オーガニック料理教室G-veggieでは、ただいま白砂糖・卵・乳製品一切不使用の本格的ティラミス作りが学べる1DAYレッスンを開催中!!

ディプロマ体験★1DAYイタリアンスイーツ講座

Macrobiotic de Italian Dolce 2

通常ディプロマコースを1回受講する場合19,440円/回ですが、今回は特別価格5,400円で受講する事が出来ますので、ご興味のある方は是非、この機会をお見逃しなく!!

そして今日は、オーガニック野菜を使った手軽で簡単に出来るティラミス風スイーツのレシピをご紹介いたします。

 

ティラミス風甘酒パンプキン

IMG_4581

材料(8人分)

甘酒 100g / カボチャ 200g / 豆乳 40㏄ / 自然海塩 少々 / 穀物コーヒー  大さじ4 / 水 200cc / 全粒粉のクラッカー 24枚 / レーズン 30粒くらい / メープルシロップ 適量

★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ e-Macrobiotic shop

PA01093323

作り方

  1. カボチャは蒸して皮と実を別々にし、皮はみじん切りにしておく。
  2. お湯を沸かし、穀物コーヒーを溶かしておく。
  3. 甘酒とカボチャの実の部分、豆乳、塩をボウルに入れてハンドミキサーにかける
  4. 器に全粒粉のクラッカー12枚を手でくずして入れ、半量の2をかける。
  5. 次に大さじ1の甘酒パンプキンクリームをのせる。
  6. 再びクラッカー12枚をくずしていれ、残りの2をかける。
  7. 甘酒パンプキンクリームを大さじ1かけたら、カボチャの皮のみじん切りとレーズンで飾りつけ、メープルシロップをかける。
  8. そのまま温かくいただくか、冷蔵庫で冷やす。

 

オーガニック料理ソムリエが教える、美味しく作るコツ
  • ハンドミキサーがない方は3.を裏ごしすればOKです
  • 全粒粉クラッカーがないときには、プレーンな塩味のクラッカーでもつくることができます。

 

このレシピでは穀物コーヒーを使っていますが、その理由は身体を温める効果があるから!!

普通のコーヒーは、コーヒー豆を焙煎し挽いた粉末から湯または水で成分を抽出した飲み物で、世界で最も多くの国で飲用されている嗜好飲料ですね。

現在では日本でも家庭や飲食店、職場などで飲用され、またコーヒーの専門ショップも多数存在し親しまれていますが、その歴史は案外浅くアルコールや茶よりも遅れて人類の歴史に登場しました。

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_m

コーヒーがいつ頃から飲まれるようになったのかは、今もはっきりしていないそうですが、「焙煎した豆から抽出したコーヒー」が登場したのは、13世紀以降と見られています。

コーヒーの原料となるコーヒー豆は、3mほどの常緑低木でジャスミンに似た香りの白い花を咲かせる、「コーヒーノキ」の果実から得られ、コーヒーチェリーと呼ばれる果実は赤または紫、品種によっては黄色の硬い実で、成熟に9ヶ月ほどかかるそう。

主な生産地はブラジルやコロンビアなどの中南米や、ベトナム、インドネシアなどの東南アジア、エチオピアやタンザニア、ケニアなどのアフリカ諸国など。また有名銘柄の産地としてハワイ、イエメン。 インドや中国など世界中の気温の高い地域で生産されています。

コーヒーには様々な成分が含まれていますが、中でもカフェインの覚醒作用がよく知られていますね。

カフェインはお茶にも含まれていますが、「タンニン」と結びつくためその効果が抑制されますが、コーヒーはタンニンを含まないために強い興奮作用があるのが特徴で、適量を越えて飲み過ぎてしまうとその副作用として、「不眠」「めまい」「冷え」「胃の痛み」といった、困った症状があらわれることがあります。

そのような体の冷えから引き起こされた、様々な症状がある方におススメなのが、代用品としての穀物コーヒー。 ノンカフェインなので、お子様からお年寄りまで美味しく飲むことが出来ます。

G-veggieでおすすめしている穀物コーヒーは…

90520858

INKA

コーヒーの香り、味でどなたにも安心してお飲み頂ける穀物コーヒーです。

大麦、ライ麦がローストされ、パウダー状になった商品でお湯にすぐ溶けるので、お菓子作りにもインスタントコーヒーの様に使用できます。

カフェインを含んでおりませんので、お子様や妊娠中の方にも安心して飲んでいいただけるのが大きな魅力です。

 

★G-veggieのオーガニック料理レシピ集

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。

 

食品添加物エキスパート

【食品添加物の目利き】になって、スーパーでのお買い物を楽しめる《賢い消費者》になりませんか?
現代日本で食の安全に対して不安を感じている人は6割強以上で、一番気になっているのが「食品添加物」!!
本講座では食品添加物を正しく理解し、自分で食品を選ぶことができる知識を楽しく学んでいただきます。

【こんな人にオススメ】
□食品添加物って実際のところ何なの? と思っている
□最近、忙しくて自分で食事を作っていない
□ ネットの情報で何を食べて良いのか分からなくなった
□ 食品表示ラベルの見方をしっかり覚えたい
□家族や子供に出来るだけ安全なものを食べてもらいたい

【講座内容】
1.食品添加物とは
1-1 食品添加物とは
1-2 食品添加物の目的
1-3 食品添加物の種類
2.食品添加物の認定制度
2-1 認証制度
2-2 食品添加物の指定等に関する手続き
2-3 食品添加物の指定等に必要な資料
2-4 主な試験内容
2-5 1日摂取量の推計
2-6 国際的な安全性評価
3.食品添加物の歴史
4.食品添加物の表示方法
5.食品添加物の見分け方
6.食品添加物の課題
7.これだけは避けたい食品添加物
8.食品添加物との付き合い方
8-1 食品添加物フリーの食材はあるの?
8-2 食品添加物を排出する方法
8-3 食品添加物ミニマム生活の秘訣
8-4 オーガニックライフを実践しましょう。

【開催日時】
11月16日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)満員御礼♪
11月18日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)間もなく満席です
11月29日(水) 10:00 – 13:00 (蒲田)
12月14日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)
12月16日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)
12月29日(金) 10:00 – 13:00 (蒲田)
※受講後は日本オーガニックライフ協会より、
「食品添加物エキスパート認定書」をお渡しいたします。

【開催場所】
オーガニック料理教室G-veggie 蒲田校
東京都大田区東蒲田2-5-11
(京急蒲田駅徒歩6分/JR&東急蒲田駅徒歩12分)

【受講料】10,800円(税込)

submit-or500

【講師】
日本オーガニックライフ協会代表理事 はりまや佳子

harimaya7-315x420
1963年東京生まれ。大田区在住。武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。
家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践しはじめる。2005年に米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。
2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在12年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【主催】一般社団法人日本オーガニックライフ協会

【運営】オーガニック料理教室G-veggie

 

オーガニック料理の認定資格です。【オーガニック料理ソムリエ】

1日7時間の講習・実技で取得出来る、「オーガニック料理の基礎知識と調理技術を証明する」

一般社団法人日本オーガニックライフ協会認定資格です。

資格取得された方の活動:

  • オーガニック料理レシピを雑誌・WEBに執筆

  • NY特派員としてブログアクセス数アップ

  • パーソナルシェフサービス運営

  • ファーマーズマーケットに出店

  • オーガニック料理教室の開催

  • 自然食カフェ開業


※オーガニック料理ソムリエ取得者の活動はこちらから → Naverまとめ1   Naverまとめ2

「オーガニック料理ソムリエ」を取得して、夢を実現させましょう。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

*