オーガニック料理レシピ

【クリスマスレシピ】真っ赤なクリスマス・ミネストローネ

16スープ

こんにちは、オーガニック料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 もうすぐクリスマスですが、パーティーのお料理はもうお決まりですか?

クリスマスは簡単&美味しいオーガニック・マクロビオティックのお料理で、ヘルシーなクリスマス・パーティを楽しんでいただきたいと思い、野菜で作るクリスマス・ツリーのレシピをマクロビオティックWEBマガジン「IN YOU」に紹介しました。

【クリスマスレシピ】ベジタブル・クリスマスツリー・サラダ

昨日のブログではヘルシーな大豆たんぱくの唐揚げのレシピもご紹介。

【クリスマスレシピ】鳥の唐揚げそっくりなベジチキンの唐揚げ

そして、今日は更にクリスマス気分を盛り上げる、クリスマスカラーのスープのレシピをご紹介いたします。

ソムリエNEW

真っ赤なクリスマス・ミネストローネ

材 料 (4人分)

玉ねぎ 100g / 人参   50g  / ブロッコリーの茎  1本分  / パセリ 少々

トマトジュース 400㏄ / 水 400㏄ / 白みそ 大さじ1 /  適量

★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ e-Macrobiotic shop

PA01093323

 

下ごしらえ

  • 玉ねぎ … 1㎝の角切り
  • 人参   … 1㎝の角切り
  • ブロッコリーの茎 …  1㎝の角切り
  • パセリ(飾り用) …  みじん切り

 

作り方

  1. 鍋に玉ねぎ・人参・ブロッコリーの茎と具がかぶる位の水を入れ、弱火で煮込む
  2. 具が柔らかくなったらトマトジュースと残りの水を加える
  3. 再び沸騰したら、あらかじめ溶いておいた白みそを加え、塩で味を整える
  4. 器に注ぎ、パセリを散らす

 

オーガニック料理ソムリエが教える 美味しくつくる秘訣
  • トマトは完熟したものがあれば、ミキサーにかけてから使ってください。
  • ブロッコリーの茎がないときには、いんげんを1cm角に切ってお使いください。

 

このレシピの味の決め手は白味噌!!

 

白味噌とは、見た目の色が白っぽい色の味噌を言います。大豆に米麹と塩を混合して発酵・熟成させて作ります。甘口となっていて、西京味噌や府中味噌などがあります。

お味噌は、淡いクリーム色のものや濃い褐色のものがありますが、お味噌の色の違いは、発酵・醸造の過程で起きる「メイラード反応」によって生じるといわれています。

メイラード反応とは、原料である大豆や麹に含まれるアミノ酸と糖が反応することで、褐色の色素に変化することを言います。このメイラード反応が十分に起こった味噌ほど、濃い褐色になるため、お味噌の見た目の色の違いが生じるんです。

白味噌は、着色し無いような麹菌を選んだり、大豆を脱皮して煮るなどのメイラード反応を抑える工夫がされています。

大豆を煮ることで、褐色色素の基になる糖質やたんぱく質が水に溶けて取り除かれるため、メイラード反応を抑えることができます。また、白味噌は一般的に1~2週間と短い熟成期間とすることで作られます。

白味噌の塩分は5~7%。一般的に白味噌は塩分が低く甘口となっていて、貯蔵性が低くなっています。

(引用:マルカワ味噌HP)

 

白味噌は西日本が中心となって作られていますので、関東では販売しているところが少なく、また、売っている白味噌の中には砂糖が入っているものが多いので、上質の白味噌を入手するのが難しいです。

オーガニック料理教室G-veggieで生徒さんにご紹介しているマルカワ味噌さんの白味噌は、自然栽培の原料を使用した白みそで甘みが非常に強く、スープやシチューなど料理の隠し味に最適です。その上、砂糖不使用なので、安心して使用することができます。

 

 

鮮やかなトマトの赤色とパセリの緑色がクリスマス・パーテイーにぴったりですので、是非、お試しくださいね。明日もクリスマスレシピをご紹介いたしますので、どうぞお楽しみに♪

G-veggieのオーガニック料理レシピ集

 

読者の皆様、是非一度G-veggieにいらしてくださいね♪

【体験レッスン】はじめてのオーガニック料理@銀座

【無料】スクール説明会@銀座

【無料】スクール見学会@銀座&蒲田

G-veggie基礎コース

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。

食品添加物エキスパート

【食品添加物の目利き】になって、スーパーでのお買い物を楽しめる《賢い消費者》になりませんか?
現代日本で食の安全に対して不安を感じている人は6割強以上で、一番気になっているのが「食品添加物」!!
本講座では食品添加物を正しく理解し、自分で食品を選ぶことができる知識を楽しく学んでいただきます。

【こんな人にオススメ】
□食品添加物って実際のところ何なの? と思っている
□最近、忙しくて自分で食事を作っていない
□ ネットの情報で何を食べて良いのか分からなくなった
□ 食品表示ラベルの見方をしっかり覚えたい
□家族や子供に出来るだけ安全なものを食べてもらいたい

【講座内容】
1.食品添加物とは
1-1 食品添加物とは
1-2 食品添加物の目的
1-3 食品添加物の種類
2.食品添加物の認定制度
2-1 認証制度
2-2 食品添加物の指定等に関する手続き
2-3 食品添加物の指定等に必要な資料
2-4 主な試験内容
2-5 1日摂取量の推計
2-6 国際的な安全性評価
3.食品添加物の歴史
4.食品添加物の表示方法
5.食品添加物の見分け方
6.食品添加物の課題
7.これだけは避けたい食品添加物胡麻
8.食品添加物との付き合い方
8-1 食品添加物フリーの食材はあるの?
8-2 食品添加物を排出する方法
8-3 食品添加物ミニマム生活の秘訣
8-4 オーガニックライフを実践しましょう。

【開催日時】
12月29日(金) 10:00 – 13:00 (蒲田)

01月20日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)
01月30日(火) 10:00 – 13:00  (蒲田)

02月15日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)
02月17日(土) 15:00 – 18:00  (蒲田)

03月29日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)
03月31日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)
※受講後は日本オーガニックライフ協会より、「食品添加物エキスパート認定書」をお渡しいたします。

【開催場所】
オーガニック料理教室G-veggie 蒲田校
東京都大田区東蒲田2-5-11
(京急蒲田駅徒歩6分/JR&東急蒲田駅徒歩12分)

【受講料】10,800円(税込)

submit-or500

【講師】
日本オーガニックライフ協会代表理事 はりまや佳子

harimaya7-315x420
1963年東京生まれ。大田区在住。武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。
家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践しはじめる。2005年に米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。
2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在12年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【主催】一般社団法人日本オーガニックライフ協会

【運営】オーガニック料理教室G-veggie

 

オーガニック料理の認定資格です。【オーガニック料理ソムリエ】

1日7時間の講習・実技で取得出来る、「オーガニック料理の基礎知識と調理技術を証明する」

一般社団法人日本オーガニックライフ協会認定資格です。

資格取得された方の活動:

  • オーガニック料理レシピを雑誌・WEBに執筆

  • NY特派員としてブログアクセス数アップ

  • パーソナルシェフサービス運営

  • ファーマーズマーケットに出店

  • オーガニック料理教室の開催

  • 自然食カフェ開業


※オーガニック料理ソムリエ取得者の活動はこちらから → Naverまとめ1   Naverまとめ2

「オーガニック料理ソムリエ」を取得して、夢を実現させましょう。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

*