オーガニック料理レシピ

クレオパトラも好んで食べた野菜を【スープ】にしました!

%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%b8%e3%81%84%e3%82%84

絶世の美女といわれ、世界三大美女の一人に数えられる「クレオパトラ(クレオパトラ7世)」が好んで食べていたと言われる野菜をご存じですか?

その答えは、モロヘイヤ!!

64bfd9815bf0b112a3c308bdf54832c7_m

ネバネバ野菜の代表として、美容効果と栄養価が高いことで、よく知られていますね。

モロヘイヤは、エジプトやアラビア半島などで古くから食べられている、緑黄色野菜の一種で、その語源はアラビア語の『ムルキーヤ』だと言われ、これは『王様の食べる野菜』という意味。 かつて重病を患ったエジプトの王様が、モロヘイヤの葉を刻んで作ったスープを飲むとたちどころに病気が治ったという言い伝えから、『王様の野菜』と呼ばれるようになったとも言われています。

このモロヘイヤを使ったスープは伝統的な家庭料理として知られ、エジプトの各家庭ではこのスープを作る専用の包丁『マハラタ』が常備されているほどだそうです。

そこで今日は残暑を元気にのりきるために、クレオパトラやエジプトの王様が愛したモロヘイヤをたっぷり使ったスープのレシピをご紹介いたします。

pyramid

モロヘイヤのスープ

材料

モロヘイヤ      1/2袋(40g)   / 玉ネギ  1/2個(100g)   / 水 700cc / 梅酢 大さじ1 / 薄口醤油 小さじ1  /  少々 / ピンクペッパー 少々

(お好みで)ココナッツオイル 適量

 

下準備

モロヘイヤ ⇒  葉と茎を別々にしておく。 茎は1cmくらいに切る

玉ネギ   ⇒ 薄い回し切りにしておく

 

作り方

  1. 玉ねぎとモロヘイヤの茎の部分は、被る位の少ない水でウォーターソテーする。
  2. 十分に柔らかくなったらハンドミキサーにかけ、残りの水を入れ沸騰させる。
  3. 最後に葉の部分を加え、再びミキサーにかけたら、梅酢、薄口醤油、塩で味を整える
  4. 器にスープを注ぎピンクペッパーをちらし、お好みでココナッツオイルを回しかける

 

このレシピのポイントは、味付けに梅酢を使ったところ!!

20120520_2613488

梅酢は梅干しを作るときに梅から自然に出てくる液体で、酸味と塩味のバランスが絶妙の発酵調味料。 梅酢には、梅を塩漬けにして始めに上がってくる「白梅酢」と赤紫蘇を入れた後出てくる「赤梅酢」があります。

日本では元々「酢」といえば梅酢を指しました。 梅酢には、塩分のほかにアミノ酸やカルシウム、鉄分などのミネラル類、クエン酸などの有機酸が豊富に含まれていますので、肝機能の働きを助け、筋肉疲労の回復や血液循環をよくし、イライラを鎮めます。 また唾液の分泌を促して胃腸の働きを活発にし、消化を促進してくれます。

そして、汗をタップリかいた後に塩分補給をしたいときには、梅酢を使って自家製のスポーツドリンクをつくることもできますよ♪

【関連ブログ】手作り【チアシード梅酢ドリンク】があれば夏バテ知らずで過ごせます

IMG_1613

最近疲れたたまっていると感じている方は、夏場に冷たい飲み物や食べ物で胃腸が弱っているのが原因ですので、是非、モロヘイヤと梅酢の最強コンビスープで胃腸を温め、元気になってくださいね。

その他、夏にピッタリな【オーガニック料理】レシピはこちらから!
201607カレー

オーガニック料理の認定資格です。【オーガニック料理ソムリエ】

1日7時間の講習・実技で取得出来る、「オーガニック料理の基礎知識と調理技術を証明する」

一般社団法人日本オーガニックライフ協会認定資格です。

資格取得された方の活動:

  • オーガニック料理レシピを雑誌・WEBに執筆

  • NY特派員としてブログアクセス数アップ

  • パーソナルシェフサービス運営

  • ファーマーズマーケットに出店

  • オーガニック料理教室の開催

  • 自然食カフェ開業


※オーガニック料理ソムリエ取得者の活動はこちらから → Naverまとめ1   Naverまとめ2

「オーガニック料理ソムリエ」を取得して、夢を実現させましょう。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.