オーガニック料理レシピ

食欲が止まらない!!を救う魔法のスープを作りましょう。

taro-soup

年末年始の暴飲暴食の末、「最近、食欲のコントロールができない!!」とお嘆きの方、とってもカンタンに食欲を抑える食事法がありますよ。

食欲が増す二大原因は、

  1. 過剰な塩分
  2. 身体の冷え

パーティー料理やお正月料理は、どなたが食べても美味しく感じるように、「塩分」そして「糖分」も多めに味付けされています。 その味に舌が慣れてしまっているということを自覚して、今日からは味付けをほんの少しずつでいいから薄めに調節してみてください。

 

汁物を先に食べよう。

それから、眼の周りのクスミや色が悪い方、眼の下にクマや涙袋がある方は、体がとっても冷えていますので、お食事をするときには先に味噌汁やスープなど汁物から食べるようにしてみてください。

汁物の味付けは「少し塩気が足りない」と感じるくらいで、たっぷり200ccくらい飲みましょう。 そのあとに食事をスタートすると、不思議といつもより食欲を感じなくなっているはず。

woman-eye

 

人の身体は温めれば温めるほど健康になり、適正な食欲に落ち着くようにできていますので、温かい汁物から食事をスタートすることを習慣にすると、体重のコントロールがしやすくなります。

そこで今日は簡単にできて、心も身体も芯から温まるスープのレシピをご紹介いたしますね。

 

里芋のとろみ汁

材 料(4人分)

里芋    150g   / 玉ネギ  100g(中1/2個)       / 干し椎茸のもどし汁 200cc / 水 600cc /  大さじ1/2 / (飾り用)クコの実 8粒

taro

 

作り方

  1. 里芋は皮をむいて、すりおろしておく
  2. 玉ネギは薄い回し切りにしておく
  3. クコの実は少量の水でもどし、ザルにあげておく
  4. 鍋に少量の干し椎茸のもどし汁と玉ねぎを入れ、15分くらいウォーターソテーをする
  5. 残りの水とすりおろした里芋を入れて、沸騰したら塩で味つけをする
  6. スープをカップに注ぎ、クコの実をのせたら出来上がり

taro-soup

体調に合わせて具も選んで

里芋の皮をむくのが面倒な方は、蓮根・大根・山芋のすりおろしでも美味しくできますよ。

喉の痛みがあるときには蓮根、便秘が気になる方は山芋、脂物の食べ過ぎの方は大根で作ると、身体が温まり、食欲がコントロールされる上に、あなたを悩ます不快な症状を優しく緩和してくれますので、是非、作ってみてくださいね。

【関連レシピ】お正月太りをなかったことに!ひじきと黒米の黒々玄米ごはんの手巻き寿司

00%e6%89%8b%e5%b7%bb%e3%81%8d

 

g-veggie12%e6%9c%9f%e7%94%9f

オーガニック料理基礎コース★第13期生募集中!オーガニック料理教室G-veggie

作って美味しいだけの料理教室ではありません。

健康でキレイになれる【理論】も学ぶことが出来ます。

卒業生は2,000人以上。日本最大のオーガニック料理教室です。誰もがはじめやすい「日本一簡単なオーガニック料理」。見てたのしい、食べておいしい「素肌美人をつくる」オーガニック料理を食卓に!

  • 基礎から学べますので、初心者の方も安心です。

  • 他の曜日に何回でも振替可能です。

  • DVDでの補講が出来ます。

  • お支払いは一括または月謝も受け付けています。

  • 講師: はりまや佳子・青木曜子


 

第13期生基礎コース(1年間)ただ今入校受付中!

詳しくはこちらから

コメントを残す

*