オーガニック料理レシピ

【オーガニック料理レシピ】1分でできる!わかめ玄米ご飯

1705ワカメご飯

オーガニック料理で春におススメの海藻といえば【わかめ】

わかめは11月頃に発芽し、3月~5月に収穫できる、春が旬の海藻です。

収穫されたわかめは、天日で乾燥させたり、塩漬けにして保存しておけば、一年を通して食べることができる、とても便利な食材ですね。。

女性の見方【わかめ】

わかめの約80%の成分はアルギン酸と呼ばれる水溶性食物繊維で、残りの約20%がセルロースと呼ばれる不溶性食物繊維です。 水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けて毒素を包み込み、体外に排出する効果のあるので、デトックス効果抜群! こんなにたっぷり水溶性食物繊維が含まれている食材は、なかなかありませんので、お腹の中からスッキリしたい方のは、特におススメです。

他にも

  • フコキサンチン ⇒ 強い抗酸化力のあるカロテノイドの一種
  • フコイダン ⇒ 免疫力を高めたり、ウィルスの増殖を抑える働きがある
  • ビタミンB群
  • ビタミンA
  • ビタミンC

と豊富な栄養成分があり、中でも海藻特有のフコキサンチンとフコイダンの力で、美肌をつくる効果が期待できるそうなのです。

旬のわかめを手軽にタップリと食べたい方におススメの方法は、ご飯に混ぜること!

そこで今日は、ご飯が炊けてたらたった1分で出来上がる、わかめご飯のレシピをご紹介しますね♪

 

わかめ玄米ご飯 (4人前)

1705Sワカメご飯

材 料  :

オーガニック玄米  400㏄  / 乾燥わかめ      8g   / 水 玄米の1.25~1.3倍 / 自然海塩 玄米1合に対してひとつまみ

作り方

  1. オーガニック玄米は軽く1~3回洗って、6時間以上浸水しておく
  2. 乾燥わかめは適当な大きさにちぎっておく
  3. 圧力鍋に浸水させた玄米を入れ炊く寸前に塩を加え、蓋をして強火にかける
  4. 圧が上がって1分位して圧が安定したら弱火にし、20分~23分炊く
  5. 炊き上がったら20秒程強火にかけ、コンロから降ろし圧力が落ちるまで放置しておく
  6. 圧力が落ちたら蓋を開けて、わかめを加えたら天地返をする
  7. 再び蓋をして1分置き、わかめがふやけたら出来上がり!

 

美味しく炊けたわかめご飯をさらに美味しくいただくために、白ゴマ塩を作りましょう~

胡麻塩の作り方~春バージョン(1回分)

材料:

自然海塩 大さじ1/2 / 白煎りごま 大さじ9

作り方:

  1. 塩大さじは、中火で水分がなくなるまで乾煎りする
  2. 1をすり鉢に入れてよく擂る
  3. 胡麻大さじ9(8)を、中火でいい香りがしてくるまで乾煎りする
  4. 2に胡麻を加えて混ぜる。このとき胡麻は8分目位まで擂る
オーガニック料理ソムリエが教える ごま塩と美味しく付き合う方法】

ごまは擂りきってしまうと油がでて、傷みが早くなってしまうので、8分目までくらいまで止めておくことで日持ちがよくなりますが、1週間をめどに食べきってくださいね。また、出来上がったゴマはガラスの容器にいれて、冷蔵庫で保存しておくことをオススします。

それから、ごま塩の比率は季節によって変えると、ご飯とのバランスがグーンとよくなりますよ。

春夏 ⇒ (塩)1 :(胡麻)18

秋冬 ⇒ (塩)1 :(胡麻)16

気温が高い春夏は塩味が薄めにつくり、気温が低い秋冬は塩味の効いたごま塩を召し上げってみてくださいね。

 

【1日6時間で取得できる】オーガニック料理ソムリエ認定講座

OCS1200-2

オーガニック料理の認定資格です。【オーガニック料理ソムリエ】

1日7時間の講習・実技で取得出来る、「オーガニック料理の基礎知識と調理技術を証明する」

一般社団法人日本オーガニックライフ協会認定資格です。

資格取得された方の活動:

  • オーガニック料理レシピを雑誌・WEBに執筆

  • NY特派員としてブログアクセス数アップ

  • パーソナルシェフサービス運営

  • ファーマーズマーケットに出店

  • オーガニック料理教室の開催

  • 自然食カフェ開業


※オーガニック料理ソムリエ取得者の活動はこちらから → Naverまとめ1   Naverまとめ2

「オーガニック料理ソムリエ」を取得して、夢を実現させましょう。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

*