オーガニック料理レシピ

【オーガニック料理】甘酒ソフトヨーグルト

ヨーグルト0905

腸内環境を善玉菌優位の良い状態に保ち、美肌効果も期待できると評判のヨーグルトですが、食べるとお腹がゴロゴロしてしまう方は、もしかしたら乳糖不耐症かもしれませんよ!

乳糖不耐症とは?

乳糖(ラクトース)はガラクトースとブドウ糖(グルコース)が結合した2糖類で、母乳や牛乳などに含まれる栄養素です。口から摂取された乳糖は小腸粘膜に存在する乳糖分解酵素(ラクターゼ)によって分解されて小腸粘膜より吸収されます。乳糖不耐症では、この乳糖分解酵素が生まれつき欠損したり、少量しか産生されないために、酵素活性が低く、小腸での乳糖の分解がうまくいかずに不消化の状態で腸内に残ります。
分解されなかった乳糖は大腸のなかで腸内細菌によって発酵し、脂肪酸と炭酸ガスおよび水になります。発生した炭酸ガスや脂肪酸は腸を刺激して自発運動(蠕動(ぜんどう))を亢進させます。また、不消化の食物残渣(ざんさ)により大腸のなかの浸透圧が高くなるので、腸管の粘膜を通して体のなかから水分が腸管のなかに移動し、下痢を引き起こします。

(引用:gooヘルスケア

私たち日本人が牛乳を飲むようになったのは明治時代以降で、牛乳が庶民に普及したのは戦後の学校給食からです。 ということは私たち日本人にとって「乳製品」はとってもなじみの薄い食べ物ということになります。 そのせいで日本人の80%以上の人は乳糖不耐症といわれていて、乳製品が身体に合わない人が多いようです。

実は私もその一人で症状は比較的軽いほうですが、チーズやヨーグルトなどを食べると「美味しい~」と思うのですが、翌日、鼻がつまったり、お腹の調子が悪くなってしまうので、一度にたくさんいただかないようにしています。

とはいえ「甘味」と「酸味」が絶妙なバランスのヨーグルトの味は大好きなので、植物性の食材で再現できないものかと考えてみたところ、発酵食品の米麹甘酒と豆乳でヨーグルトのようなスイーツを作るのに成功しました!!

そこで今日はそのレシピを動画と共に、ご紹介いたしますね。

ソムリエNEW

 

甘酒ソフトヨーグルト(4人分)

 

材料:

米麹甘酒        200㏄   / 無調整豆乳      100㏄  / レモンの絞り汁 大さじ2 /  一つまみ

(飾り用) キウイ  1/3個

 

★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ e-Macrobiotic shop

PA01093323

作り方:

  1. 豆乳にレモン汁を加え、ハンドミキサーにかける、次に甘酒と塩を加え、
  2. 再度ハンドミキサーをかける
  3. 滑らかになったら、冷蔵庫で冷やしておく
  4. ガラス容器に、皮を剥き、2㎜位の輪切りにしたキウイを飾り、ヨーグルトを注いで出来上がり‼

20150628_1310607

オーガニック料理ソムリエが教える 料理を美味しくつくるコツ
  • 出来上がりのとろみは、甘酒の濃度によって変わってきますので、甘酒は薄めていないものをお使いください
  • ハンドミキサーがない方は、ホイッパーでよくかき混ぜてください。

★G-veggie夏のオーガニック料理レシピ集

 

ライムや生のパイナップルが手に入った時には、レモンの代わりに使ってみてください。一味違ったおしゃれな美味しさを味わうことができますよ~ 是非、お試しくださいね♪

 

 

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。

読者の皆様!是非、一度私に会いに来てください。

【1DAY】オーガニック懐石料理講座

【1DAY】オーガニックお手当講座【胃・脾臓・膵臓編】

【1DAY】愛犬のためのオーガニック料理ソムリエ認定講座

わんこのためのオーガニック料理ソムリエ1707

オーガニック料理教室G-veggie 代表 はりまや佳子

オーガニック料理の認定資格です。【オーガニック料理ソムリエ】

1日7時間の講習・実技で取得出来る、「オーガニック料理の基礎知識と調理技術を証明する」

一般社団法人日本オーガニックライフ協会認定資格です。

資格取得された方の活動:

  • オーガニック料理レシピを雑誌・WEBに執筆

  • NY特派員としてブログアクセス数アップ

  • パーソナルシェフサービス運営

  • ファーマーズマーケットに出店

  • オーガニック料理教室の開催

  • 自然食カフェ開業


※オーガニック料理ソムリエ取得者の活動はこちらから → Naverまとめ1   Naverまとめ2

「オーガニック料理ソムリエ」を取得して、夢を実現させましょう。

 

詳しくはこちらから

コメントを残す

*