オーガニック料理レシピ

【オーガニック料理】しゃきしゃき蓮根のキンピラ

2012きんぴら

金平(きんぴら)は、日本食の代表的なお惣菜の一つですね。材料としては牛蒡と人参の組み合わせが一般的ですが、レンコンや大根などの根菜類や、セロリ、ウドなどで作っても美味しいです。

調理法はとってもシンプルで、油で具をいため、醤油や甘味量を合わせてに含めるのが基本。 甘味料は砂糖・味醂・日本酒を使い、お好みで鷹の爪、七味唐辛子、ゴマ、山椒などを加えるとさらに美味しさがパワーアップします。

手軽な保存料理:きんぴら

マクロビオティックでは、きんぴらは【炒める】という調理法と、【煮含める】という2つの調理法を使うので、陽性の強い調理法といわれていて、寒い季節におススメ!! 簡単で手早く仕上がりますので、多めに作っておけば保存食品としても大活躍します!!

そこで今日は、乾燥した空気で弱っている肺と大腸を養う【蓮根のきんぴら】をご紹介いたしますね。

 

ソムリエNEW

 

しゃきしゃき蓮根のきんぴら

2012きんぴら2

材 料(4人分)

蓮 根  180g   / えのき 1/2束(50g)   / 水 菜  1束     / ひじき  5g

調味料他: 薄口醤油 大さじ1 / 味の母 大さじ1 / 菜種サラダ油 適量 / ゴマ油 少々

(お好みで)七味とうがらし 少々

★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ e-Macrobiotic shop

PA01093323

 

作り方

  1. 蓮根は、長さ5㎝、幅1㎝の薄い拍子切りにする
  2. えのきは、石づきを切り、長さ3㎝くらいに切っておく
  3. 水菜は、長さ5㎝に切っておく
  4. ひじきは水でもどし、長さ5センチに切っておく
  5. 薄口醤油と味の母を混ぜておく。
  6. フライパンに菜種油(陰性の油)を入れて熱し、蓮根を入れて中火で炒める
  7. 蓮根に油がまわったらえのきとひじきを入れさらに炒め、1を鍋肌から回しかける
  8.  汁気が無くなるまで炒め煮にし、最後にゴマ油(陽性の油)をまわしかける(陰陽調和)
  9. 火を止め、水菜を入れて混ぜたら出来上がり
  10. 食べる寸前にお好みで七味とうがらしをかけて召し上がれ♪

 

 

オーガニック料理ソムリエが教える 料理を美味しくつくるコツ
  • 蓮根は輪切りにすることが多いですが、繊維にそってきるとしゃきしゃき感が楽しめます
  • 七味とうがらしの代わりに、山椒を使ってもおいしいです♪

【関連レシピ】大根のキンピラ

 

味の決め手は、「味の母」

オーガニック料理教室G-veggieでは、砂糖やみりん、日本酒の代わりに味の母を使っています。

「味の母」は米・米麹を原料として日本酒の基となる「もろみ」を醸造し、塩を加えさらに二段式糖化工程を経た発酵調味料です。みりんの旨みと酒の風味を併せ持ち、酒精分も多く調理効果を発揮します。

味の母は加熱調理をしても風味が抜けにくいため、料理の際に日本酒を合わせてつかう必要はありません。また、封を開けた後も冷暗所で保存可能ですので、冷蔵庫に入れておかなくてもOK。とっても使い勝手の良い調味料です。

原材料は国産の米と米麹と食塩(国内産)、そして仕込水だけという無添加でシンプルな材料から作られていますので、お子さんから高齢者の方まで安心してお使いいただけます。

シュガーフリーを実践している方に特におススメの調味料ですので、是非おためしくださいね♪

 

★G-veggieのオーガニック料理レシピ集

 

読者の皆様、是非一度私に会いにG-veggieにいらしてくださいね♪

【体験レッスン】はじめてのオーガニック料理@銀座

【無料】スクール説明会@銀座

【無料】スクール見学会@銀座&蒲田

G-veggie基礎コース

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。

食品添加物エキスパート

【食品添加物の目利き】になって、スーパーでのお買い物を楽しめる《賢い消費者》になりませんか?
現代日本で食の安全に対して不安を感じている人は6割強以上で、一番気になっているのが「食品添加物」!!
本講座では食品添加物を正しく理解し、自分で食品を選ぶことができる知識を楽しく学んでいただきます。

【こんな人にオススメ】
□食品添加物って実際のところ何なの? と思っている
□最近、忙しくて自分で食事を作っていない
□ ネットの情報で何を食べて良いのか分からなくなった
□ 食品表示ラベルの見方をしっかり覚えたい
□家族や子供に出来るだけ安全なものを食べてもらいたい

【講座内容】
1.食品添加物とは
1-1 食品添加物とは
1-2 食品添加物の目的
1-3 食品添加物の種類
2.食品添加物の認定制度
2-1 認証制度
2-2 食品添加物の指定等に関する手続き
2-3 食品添加物の指定等に必要な資料
2-4 主な試験内容
2-5 1日摂取量の推計
2-6 国際的な安全性評価
3.食品添加物の歴史
4.食品添加物の表示方法
5.食品添加物の見分け方
6.食品添加物の課題
7.これだけは避けたい食品添加物
8.食品添加物との付き合い方
8-1 食品添加物フリーの食材はあるの?
8-2 食品添加物を排出する方法
8-3 食品添加物ミニマム生活の秘訣
8-4 オーガニックライフを実践しましょう。

【開催日時】
12月14日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)
12月16日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)★満員御礼!!
12月29日(金) 10:00 – 13:00 (蒲田)

01月20日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)
01月30日(火) 10:00 – 13:00  (蒲田)

02月15日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)
02月17日(土) 15:00 – 18:00  (蒲田)

03月29日(木) 10:00 – 13:00 (蒲田)
03月31日(土) 15:00 – 18:00 (蒲田)
※受講後は日本オーガニックライフ協会より、「食品添加物エキスパート認定書」をお渡しいたします。

【開催場所】
オーガニック料理教室G-veggie 蒲田校
東京都大田区東蒲田2-5-11
(京急蒲田駅徒歩6分/JR&東急蒲田駅徒歩12分)

【受講料】10,800円(税込)

submit-or500

【講師】
日本オーガニックライフ協会代表理事 はりまや佳子

harimaya7-315x420
1963年東京生まれ。大田区在住。武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。
家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践しはじめる。2005年に米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。
2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在12年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【主催】一般社団法人日本オーガニックライフ協会

【運営】オーガニック料理教室G-veggie

オーガニック料理基礎コース★第13期生募集中!オーガニック料理教室G-veggie

作って美味しいだけの料理教室ではありません。

健康でキレイになれる【理論】も学ぶことが出来ます。

卒業生は2,000人以上。日本最大のオーガニック料理教室です。誰もがはじめやすい「日本一簡単なオーガニック料理」。見てたのしい、食べておいしい「素肌美人をつくる」オーガニック料理を食卓に!

  • 基礎から学べますので、初心者の方も安心です。

  • 他の曜日に何回でも振替可能です。

  • DVDでの補講が出来ます。

  • お支払いは一括または月謝も受け付けています。

  • 講師: はりまや佳子・青木曜子


 

第13期生基礎コース(1年間)ただ今入校受付中!

詳しくはこちらから

コメントを残す

*