オーガニックライフ

人と環境に優しいオーガニックフラワーで、ウェディングもエシカルに


私には大好きなお花屋さんがあります。
JR大塚駅から徒歩10分程の場所にあるオーガニックフラワーショップ【wanabiya(わなびや)】さん。

このお店の花は、すべてオーガニック。
素晴らしいこだわりをもって、作られています。

■わなびやホームページはこちら

http://www.wanabiya.com

 

これからの時代、花も
作る人、活ける人、眺める人、全ての方の
生活と健康を考え、未来の地球環境を考えていく必要があると私たちは考えています。

オーガニックフラワーショップ わなびや

そこで、オーガニックフラワーショップわなびやでは、独自の基準(無農薬、自然農法、減農薬、MPS等)を設けて「安心なお花」という新たな価値を提案します。

花がこれまで以上に人に近い場所に存在できるように、意識を持って生産されている農家さんと連携していきます。

またそのような農家さんとの取り組みを皆様へご紹介していきます。

 

オーガニック農家や小さなオーガニックコスメの会社などは、それぞれに素晴らしいこだわりをもっています。
でも現実は、世の中の皆さんにその素晴らしさをうまく伝える術がなくて、廃れていくこともままあります。
それはすごく悲しいことだし、惜しいことだなと、私はいつも感じています。

わなびやのオーナーである古庄さんもそんな想いをもっていて、素晴らしい農家さんを応援し、共感し、オーガニックフラワーを広めようとしています。
私も同様に、小さな会社が生み出したオーガニックコスメの魅力を伝え続けているわけです。
いわゆる「伝道師」というわけですね。

 

エシカルウェディング

オーナーの古庄さんと初めてお会いしたのは、オーガニックスクールのツアーでした。その後、私がエシカルウエディングの企画を立ち上げた時に、ご紹介でご縁をいただきました。
以前、大切な人への贈り花としてわなびやさんのオーガニックブーケを購入したことがあった私は、この偶然のご縁に感動したものです。

誰もが幸せにつつまれる結婚式や披露宴には、特にお花は欠かせないものですよね。

 

しかしながら、装花の見た目やデザイン性にこだわりすぎて、せっかくの綺麗で高価な花たちも切り揃えられてしまいます。

飾る時もオアシスに挿すから、ゲストへプレゼントしてもすぐに枯れてしまいます。あとに残ったオアシスも、ゴミになってしまいますよね。

結婚式や披露宴はあんなにも華やかなのに、終わった後の会場にはペーパーアイテムや余興グッズ、花や食べ残しのゴミがたくさん残っているのです。

それって、幸せの門出にどうなのだろう…?と、私はウェディングプランナー時代に何度も不思議に感じたものです。

だから、私が今プロデュースしているエシカルウェディングでは、絶対にそんなことをしたくなかった。

オーガニックフラワーを生かしたままグラスの水にさして、そのままブーケにしてゲストへお配りする。野菜やハーブで作った会場装花を、持ち帰ってゲストに食べていただいてもいいのです。

結婚式や披露宴で使われるものすべてが、どこかに還元されて、けして無駄にならない。

そして新郎新婦の想いが伝わるよう、1つ1つのアイテムにそこまでこだわり抜くのが、エシカルプランナーの心得だと私は思っています

先日、わなびやオーナーの古庄さんとお話をしながら、各分野のオーガニックのプロが集まれば、最高のエシカルウェディングが完成すると確信しましたね。

 

坂田まこと エシカルウエディングプロデュースとは

http://www.organic-mother-life.com/ethical-weeding-produce.html

 

オーナーからお土産にと、可愛いオーガニックフラワーのブーケをいただきました。

優しいお気遣いに感謝ですね。

 

私は、自分の結婚式・披露宴もエシカルウェディングもセルフプロデュースしましたが、その時ヘッドにつけていたオーガニックコットンは、今でも部屋に飾っています。

幸せなひとときが終わった後も、こうしてオーガニックフラワーを持ち帰ってそのままドライフラワーにし、部屋にずっと飾っておくことができますね。

オーガニックフラワーは、結婚式や披露宴という特別な日を彩るだけでなく、日常生活も彩ってくれるのです。

私は、主人が誕生日にくれた花束を干して、ドライフラワーを自分で作ったりもします。数年前のものでも綺麗に残っていますよ。

 

 私の自宅にはサロン内も含めて、オーガニックドライフラワーをたくさん飾っています。

以前、自宅の模様替えの時にオーガニックドライフラワーを買い付けに行ったのは、これもまた大好きなお店【四ツ谷 東京堂】さん。

店内には、こんなにもたくさんのオーガニックフラワーが!選んでいるだけでワクワクしてきます。ここでは山梨県【フラワーズフォーレナ】さんのドライフラワーも入荷していて、私はできるだけ減農薬のお花を探して買ってきます。

 

箱いっぱいのオーガニックドライフラワーを、お部屋にどうやって素敵に飾りつけようかな?

そう頭を悩ませるのも、また楽しいひとときです。

 

人にも環境にも優しいオーガニックフラワー。

エシカルウェディングの場だけではなくて、もっと皆さんの日常生活に浸透し、身近なものになりますように。

私はこれからの時代、花も作る人、活ける人、眺める人、全ての方の生活と健康を考え、未来の地球環境を考えていく必要があると私たちは考えています。

これからも、オーガニックフラワーの素晴らしさを伝え続けていきたいですね。

 

Organic Re-LifeCooking -School