オーガニック料理レシピ

米粉を使えばカンタンに!グルテンフリーホワイトシチュー


グルテンフリーなら「米粉」

ここ数年、アメリカではグルテンフリーという食事法が大流行していますね。 グルテン(Gluten)とは、小麦やライ麦、雑穀に含まれるタンパク質の一種ことで、グルテンフリーとは、そのグルテンを一切摂らない食事法のことです。

この食事法は、もともと小麦アレルギー(グルテンアレルギー)の人ための食事療法でしたが、グルテンの摂取をやめると腸内に宿便としてたまっていた不要物質が体外に排出されることで、便秘が解消され、血液の質がよくなり、肌荒れやニキビなどがなくなるなど、体調が良くなる人が増えたことから注目を浴びるようになったそうです。

小麦 1200X650

日本でも最近、グルテンフリーを実践している人が増えているようですが、その方々に注目を浴びている食材が「米粉」。 小麦粉の代わりに、料理のとろみづけに使ったり、パンを作ったりと、とても便利な粉です。

そこで今日は米粉で簡単にできるシチューのレシピをご紹介いたしますね。

大根と人参のホワイトシチュー

材 料 (4人分)

大根 10cm / 人参 1/2本 /玉ネギ 1/2個 / ジャガイモ 1個

コーン缶詰 250g /水 400cc

豆乳 400cc / 米粉 大さじ4 /  適量 / 菜種油 少々

 

作り方

1.玉ネギは、薄い回し切りにしておく。

2.大根・人参・ジャガイモは一口大に切っておく。

3.米粉は、豆乳で溶いておく。

4.鍋に菜種油を入れ、玉ねぎがしんなりするまで炒める

5.全体に油がまわったら大根・人参・コーン(コーン缶の汁)を入れ、材料が被る位の水を入れ煮込む。

6.材料が柔らかくなったら、残りの水と4.の豆乳を加え、混ぜながら再び煮込む。

7.最後に塩で味を整え、蕪の葉を加えて出来上がり!!

にんじん800

オーガニック料理ソムリエが教える 美味しくつくる秘訣】

コーンの缶詰を使用するときには、汁も捨てずに使うと、とても甘いシチューになります。

コーンの代わりにカボチャを入れても甘くて美味しいです。

★大根の代わりにゴボウ、ジャガイモの代わりに山芋を使うと、便秘解消レシピに早変わりしますよ♪

シチューに入れる野菜は、なんでもOK!! 冷蔵庫に残っている野菜を大きめに切り、弱火でじっくりと煮込めば、体が芯から温まるシチューができますよ。

G-veggiebanner

オーガニック料理基礎コース★第14期生募集中!オーガニック料理教室G-veggie

食べ物を変えると、心と体が変わる

人生が変わる オーガニック料理基礎コース

第14期生基礎コース(1年間)ただ今生徒さん募集中!

 

マクロビオティック理論ベースのオーガニック料理を4月からスタートすると、血液が入れ替わるおよそ4ヶ月後の9月頃から、心も体も内側からキレイに生まれ変わりはじめます。

You are what you eat!! (人間は食べた物のようになる)

だからG-veggieでは、その変化を体感していただくために、1年間という時間をかけてじっくりと基礎から学んでいただいるのです。

本コースを受講していただければ、「バランスの取れた食生活」と「正しい生活習慣」を身につきます。 すると疲れやすい体や、落ち込みやすい不安定な心といった様々な不快な症状や感情に悩まされることがなくなります。だから、健康で心おだやかな毎日が過ごせるようになります。



 



ヴィーガン(ビーガン)やベジタリアンの方々からも大人気の、元気になれるオーガニック料理を学んでみませんか?




詳しくはこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください