実践!オーガニックライフ

納得!ダイエットには糖質制限よりも糖質チェンジが効果的です


糖質を変えてみませんか?

こんにちは、マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 みなさん今日もお元気ですか?

ここ数年「糖質制限ダイエット」が流行していますね。

「糖質なしの食生活」にすれば、確かに短期的に体重を落とすことができます。 でも人間にとって必要不可欠な栄養素の摂取をやめることで、脳の働きが鈍くなり、腸の負担が大きくなることから起こる健康へのダメージも心配です。

作用が強いことは、副作用も強い

これは世の常なので、短期的に効果がでるけれど副作用の可能性が強いダイエット法は見直した方が良いと思います。

そこで、注目してほしいのが「糖質の質」。 摂取をやめるという極端な選択肢ではなく、「上質」なものを摂取するというバランスのよい発想が美と健康、そして倖せへの近道です。

多糖類の糖質は体にやさしい

人間にとって一番良質な「糖質」は、玄米のような全粒穀物に含まれる多糖類の糖質。 マクロビオティックで1日の食事の総重量の50~60%を玄米や雑穀を取ることをオススメしているのは、質の高い「糖質」を摂取することで、よりよい脳内環境をつくることが可能だからです。

sugar 1200X650

でも「脳の栄養になる」という理由から、「糖質」を白い砂糖がたっぷりの甘い物やお酒で取るようにすると、頭は働きますが身体が冷えてしまうことで、体調が悪くなってしまいます。 その上、それらをお腹が空いた状態で食べると、血糖値が急上昇するため口に入れた途端に心がハイな状態になり、「脳内倖せ度」が120%に跳ね上がりますが、一気に上がった血糖値は短時間で急下降しますので、それと同時に気持ちもダウン。。。

よく甘い物を食べた後に「あー、ダイエット中なのに甘いものを食べちゃった」と罪悪感にさいなまれるのは、ネガティブになった訳ではなく、血糖値が下がったためだったのです。

また、心と体をリラックスさせてくれる甘い物やお酒は魅力的な食品ですが、食べるタイミングを間違えると「冷え」から来るいろいろな病気の原因を作り出してしまうので注意が必要です。 甘い物の食べ過ぎで冷え性や低体温になり、免疫力や基礎代謝の低下を引き起こした場合、下記の様な症状が発生する場合があります。

★肌荒れ

★髪質の悪化や薄毛

★生理不順や生理痛

★肩こり

★腰痛

★頭痛

★気分の落ち込み

★花粉症  などなど…

甘い物とお付き合いするときには下記の2点に気をつけましょう。

smile-girl

 

出典:weheartit.com

【甘い物と上手に付き合う方法】

★体温の高い時間帯、お昼時に食べる

★食後に食べる

この2つを守るだけで、辛い症状が少しずつですが改善されます。 それから甘い物を洋菓子から和菓子へ変えてみたり、白い砂糖や卵・乳製品不使用のオーガニック・マクロビオティックなスイーツに変えると、心と身体の調子がぐんと変わってきます。

 

辛くて苦しい糖質オフダイエットより、バランスの良い多糖類へ糖質チェンジをして、体質改善をしてみましょう。

オーガニック・マクロビオティックなスイーツってどんなもの?美味しいの?と思っている方、是非G-veggieのイタリアンスイーツセミナーやスイーツビュッフェで体験してください。

☆G-veggie スイーツビュッフェ

☆G-veggie1DAYイタリアン・スイーツセミナー

Sweets Buffet

銀座で期間限定のマクロビスイーツ・ビュッフェ

ディプロマ講座、1Day講座で大好評!!

宮入香織のイタリアン・マクロビオティック・スイーツが、期間限定で食べ放題になります。
白砂糖・卵・乳製品を一切使わないのにこの美味しさは奇跡です。

14種類のイタリアン・スイーツと、6種類のイタリアン軽食と内容も超豪華! 是非お友達を誘ってご予約ください。

ご予約はこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください