実践!オーガニックライフ

新年明けましておめでとうございます。


新年 明けましておめでとうございます

マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 みなさん、今年も楽しいお正月をお過ごしになりましたか?

私は昨年は30日までオーガニック料理ソムリエの認定講座があり、31日~1月3日までの短いお正月休みでしたが、自宅で家族そろってのんびりと過ごすことができました。

昨日3日は私の母の80歳の誕生日でしたので、朝は父と母、そして愛犬モカを連れて近所の氏神様へ初詣にでかけ、これからやってくる2016年が人生最高の年になるよう、お祈りしてきました。

26家族

夜は母の誕生日を祝って、京急蒲田駅のレストランで誕生日パーティーを開催♪ 父や母が子供の頃の話や、私が小さかった頃の思い出話に花を咲かせながら、穏やかで楽しい時間を過ごしました。 1月23日は父の80歳の誕生日。 20日間だけ母よりも誕生日の遅い父は、毎年「俺のほうが若い!」と威張っているところが、毎年のことながら面白かったです!!

私の両親は私たちが小さい頃は、子供の前で決して喧嘩や言い争いをしない夫婦でした。 その理由は父が子供の頃に自分の両親が大喧嘩する姿を見た時に、とてもつらく悲しい気持ちになり、「自分は子供ができたら、決して子供の前で夫婦喧嘩をしないようにしよう」と心に決めたからだということを昨夜初めて聞きました。 その父の決意のおかげで私たち兄弟は夫婦喧嘩の巻き添えになり、悲しい思いをすることがなかったことに知り、新年早々あらためて心から感謝することができました。

26誕生日

私の倖せは52歳になった今でも、父と母に娘時代と変わらず、愛されて大切にしてもらっていること。 子供や孫の世話、親の介護で忙しい毎日を送っている同世代の友人が多い中、おかげさまで両親とも健康で自分のことは全部なんでも自分ででき、夫婦仲良く暮らしてくれて両親に恵まれたことが、私の元気と倖せの源です!!

親が達者なうちは、親の苦労や有り難みになかなか気づけず、それに気づく頃には親がこの世にいなくなっているもの。 生きているうちに孝行しておけばよかったと、悔やみ嘆くことをいうことを、「親孝行したいときに親はなし」といいますが、私は親が健在なうちに「両親を何よりも大切にしたい」という気持ちになれて本当に良かったと思います。 これからはできる限り親孝行して、たくさん楽しい思い出を作りたいと、2016年のお正月に決意いたしました💛

昨夜のパーティーには、湘南に住む高校2年生の甥の海人(かいと)も参加予定だったのですが、バイトのため残念ながら不参加。 でも、「80歳のお誕生日おめでとう!バイトが終わったら必ず行くから」と昼間に電話があり、夜遅くにかけつけてくれました。

海人は子供の頃から祖父母のことが大好きな子で、昨年のお正月は高校生になってバイトをはじめたからといって、父と母に「これまでお世話になったので、今年からは僕がじいじとばあばにお年玉をあげます」と手渡してくれました。 そのお年玉は今も神棚に祭ってある我が家の家宝!! 年老いた父母にとって孫が自分たちを大切に思ってくれる気持ちは何よりも嬉しいようで、昨夜も二人で仲良く海人のために布団を敷いて準備している姿がとても微笑ましかったです。

今日からG-veggieのレッスンがはじまりますが、幸い私は銀座校の夜クラスの担当なので、朝ご飯と昼ご飯を家族そろって美味しくいただき、銀座に出かけるまでの時間は、父と母と甥っ子と愛犬モカと仲良く自宅で、のんびりと仕事をしながら過ごせそう。

人間の倖せの感じ方は人によって違いますが、私にとって一番の倖せは好きな人と心が通じ合い、仲良く楽しい時間を一緒に過ごすこと。 家族を大切にすることはもちろんですが、縁があって出会ったすべての方々の倖せを願い、2016年も美味しくて健康になれる【オーガニック・マクロビオティックの和】をスタッフや生徒さんたちと力を合わせて、どんどん広げていきますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください