人生劇場

はりまや佳子の人生劇場20:人生の修羅場


今日は英会話学校に吉祥寺支店で女性初の店長として奮闘していた、27歳の私に起こった悲劇のお話。

業績不振のため東京4校を全部1か月後に閉鎖することになり、やむなき事情(その深い理由は次回、説明しますね)があり、不本意ながら生徒さんやスタッフにひたすら隠し続け、毎夜閉店後にクローズ処理業務という後ろ向きの仕事をし、あと1日ですべてが終わるという日の夕方に大事件が勃発!!

★はじめから読みたい方は⇒【第1話】天職に出会いたい
 G-veggie 12期生

閉校のお知らせが1日早く・・・

閉校当日に到着する予定だった「閉校のお知らせ」が、手違いで1日早く生徒さんの一人に郵送されてしまったのです。

私たちの吉祥寺校はスタッフと生徒さんの関係が良好だっただけではなく、生徒さん同士もとても仲が良いのでみんながお友達という感じでしたので、手紙を受け取った生徒さんが他の生徒さんに連絡をして、またその生徒さんが他の生徒さんにも電話する、という具合になり、あっという間に生徒さんに閉校の事実が知れ渡ってしまいました。

今の時代なら一斉メールで簡単に同じ情報がたくさんの方に伝わりますが、25年前の当時には手紙や家の電話という通信手段しかなかったのに、その情報は奇跡的な速さでたくさんの吉祥寺校の生徒さんに伝わりました。

その後も何本も似たような内容の電話が入り、そしてそのことを知った生徒さんが事実確認のために訪れてきたので、吉祥寺校は大パニック!!

吉祥寺校の生徒さんの中に渋谷校の生徒さんのお友達がいたため、そのパニックはやがて渋谷校にも飛び火して、私の力ではもうどうしょうもない位に事態が悪化したため、本社の指示で後日きちんと説明する旨を書き記した、「閉校のお知らせ」の張り紙をして、各スクールを一旦クローズすることになりました。

angry

 

スタッフ一同が鬼のような顔に

これでひとまず生徒さんのパニックは収まったのですが、この時点で炎上したのがスタッフ一同の怒り!!今度はスタッフ全員につめよられ事情の説明を求められました。

本当は次の日の午後2時から全員スタッフが出勤してきたところに、大阪から本社の部長がやってきて事情を説明する段取りだったのですが、たった1通の手紙が予定よりも早く生徒さんに届いてしまったことから、その重大で気の重い使命を私が担わなければいけなくなったのです。

今なら日時を指定して宅急便で手紙を送ることができますが、当時は書留という手段しかなかったために最悪の事態を招いてしまった!!郵便局の仕事の速さは褒められこそすれ、恨みに思うのも筋違い…とはいえこのときほど日本の優秀な郵便局を呪ったことはありません。

事情を知っているサブ・マネ以外のスタッフ全員が集まり、いつもは満面の笑顔で和やかに会話をしているサロンスペースで、鬼のような怖い顔をして私の手が空くのを待っていたのです。

そして私が外国人講師のために日本人講師の方に、「私は英語が話せないので大変申し訳ないのですが、どなたか通訳をお願いできませんか?」といったところ、「そんな通訳はお断りします」と全員の日本人講師が口々に言うのです。。

rocks

英語が話せない

このときほど英語を話せない自分が情けなく思ったことはありません。でも今思い起こしてみるとその時に味わった屈辱感があったからこそ、のちにアメリカ人の主人と出会った後に懸命に英語を勉強して、最終的にはたまに帰国子女に間違えられるほど、日本人の割には流暢でネイティブに近いアメリカ英語を、身につけることができたのかもしれないと思うと、つくづく人生には無駄のことは一つもないものだと納得できるのです。

その時には最悪の事態や出来事で辛く悲しい思いをしたことでも、時が流れていくうちに自分の心がその事実を認めて、そのことがなぜ自分の人生に起こったのかをよーく理解し、上手に消化できた時点でそのネガティブな思い出が化学反応を起こして、予想だにしていなかったほど素敵でパワフルでポジティブな、自分の「人生の宝」や「自分を信じる力」になるようです。

ですから私はこれ以降は何か自分が望まないことが起こった時に、

「私の心の中の神様は、今度はどんなことを私に学ばせたいのだろうか?」
「この困難を乗り越えたら、いったいどんな力が身につくのだろうか」

とその時点の辛い出来事から派生する明るい未来に向けて、心のベクトルをシフトさせるようにしています。

closed-space

 

人生の修羅場

とはいえこの時点で私がそんな風に思うほどの余裕は全くなく、「あーこれが人生の修羅場というものなんだ!!」と私の心が悲鳴をあげていたことを今も鮮明に覚えています。

はりまや佳子 27歳。

これまで離婚という人生の困難を乗り越えてきましたが、それを上回るほどの苦難が自分の人生に待っていたとは…もしかしたら私の人生って波乱万丈なのかしら??と嫌な予感が頭をかすめていった最初の瞬間でした。

この続きはまた!

【4月開講】オーガニック料理基礎コース(1年) 第12期生募集中!!

(銀座校)

  • 月曜昼クラス ⇒ 満席、キャンセル待ちで受付中
  • 火曜夜クラス ⇒ 満席、キャンセル待ちで受付中
  • 水曜夜クラス
  • 木曜夜クラス
  • 金曜昼クラス

(蒲田校)

  • 第1日曜クラス ⇒ 満席、キャンセル待ちで受付中
  • 第3土曜クラス ⇒ まもなく満席
  • 第3日曜クラス
  • 第4土曜クラス
  • 火曜昼クラス
  • 水曜昼クラス

たった2時間でマクロビオティックの理論とオーガニック料理の基本がわかる1DAYレッスンを開催中!

【1DAY】はじめてのオーガニック料理

blog_banner01k

【無料】基礎コース★スクール見学会

blog_banner01l

スクール説明会ではご希望の方に5分間の食事アドバイスもしています

【無料】基礎コース★スクール説明会

blog_banner01m

みなさんのご参加をスタッフ一同、心からお待ちしております。

オーガニック料理基礎コース★第14期生募集中!オーガニック料理教室G-veggie

食べ物を変えると、心と体が変わる

人生が変わる オーガニック料理基礎コース

第14期生基礎コース(1年間)ただ今生徒さん募集中!

 

マクロビオティック理論ベースのオーガニック料理を4月からスタートすると、血液が入れ替わるおよそ4ヶ月後の9月頃から、心も体も内側からキレイに生まれ変わりはじめます。

You are what you eat!! (人間は食べた物のようになる)

だからG-veggieでは、その変化を体感していただくために、1年間という時間をかけてじっくりと基礎から学んでいただいるのです。

本コースを受講していただければ、「バランスの取れた食生活」と「正しい生活習慣」を身につきます。 すると疲れやすい体や、落ち込みやすい不安定な心といった様々な不快な症状や感情に悩まされることがなくなります。だから、健康で心おだやかな毎日が過ごせるようになります。



 



ヴィーガン(ビーガン)やベジタリアンの方々からも大人気の、元気になれるオーガニック料理を学んでみませんか?




詳しくはこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください