人生劇場

はりまや佳子の人生劇場22:どん底は続くよどこまでも


本日は「人生の修羅場」と「どん底」を経験した27歳の頃の続き…

★はじめから読みたい方は⇒【第1話】天職に出会いたい
 G-veggie 12期生

会社の方針で東京にあった4校が全部閉鎖する予定だった日の前日、優秀な日本の郵便局さんのお仕事が裏目にでて、一日早く閉鎖のお知らせが生徒さんに到着してしまったため、パニック状態に陥ってしまった吉祥寺校と渋谷校。

 

明日は生徒さんへの説明

スタッフにはその日に事情を説明し荷物をまとめて帰ってもらったあと、ガランとしたスクールに残った私とサブ・マネは、「明日からは生徒さんに対応する大変な仕事がまっているので、今日は早めに帰って休むように」という会社からの指示に従い帰宅しようと準備をしていたところ、当時つきあっていた彼が心配してスクールに迎えにきてくれました。

このときほど

彼がいてよかった!!

と思ったことはありませんでした。そして疲れた私を食事に連れていって慰めてくれ、家まで送り届けてくれたのです。 自分のことを大切に思ってくれる人がいるって、本当に幸せなことだなってつくづく思い、感謝しました。

そんな小さな幸せをかみしめていたのもつかの間、、、翌日からは再び修羅な日々がはじまりました。

毎日、毎日生徒さんがスクールにやってきて、

「なんで、閉校しなければいけないんだ!」と私とサブ・マネにつめより、「私たちの大切な居場所ななくなって、これからどうしたらいいの!!」と泣く人あり、叫ぶ人あり、そして最後には、「お金を帰せばいいという問題ではないだろう」と返金の処理にも応じてくれず、駄々をこねる人も続出。 これぞまさに人生の修羅場な日々。

white-flowers

 

裏切り者

生徒さんにとっては私とサブ・マネは会社側の人間の代表なので、辛く悲しい気持ちを思う存分ぶつけてくるのは当然なこと。

私たち二人はその容赦のない言葉を毎日必死で受け止めながら、「私たちだって一生懸命頑張ってきたスクールを閉鎖したくないし、もうすぐ失業者になってしまう不安な将来が待っているんですよ!!」という気持ちを胸の奥にしまい込んで朝から夜までひたすら頭を下げ、罵詈雑言に耐え忍びながら、ありとあらゆるお詫びの言葉を口にし、その合間を縫って着々と生徒さんの受講料の残金を計算し、本社に報告をするという状態が1か月くらい続きました。

この1か月間で一番つらかったことは、一生懸命に信頼関係を築いてきたスタッフや生徒さんから、私は「裏切り者」のレッテルを張られてしまったこと。

みなさんも想像してみてください。

自分が心を尽くして毎日大切に接していた大勢の人々に、「お前のせいで私たちがこんなに辛い思いをしているんだ!」と言われてクルッと一斉に背を向けられてしまったら…、

これまで魂を込めて、骨身を削るほど努力してきたのに、それも全く自分が望んだことではないのに…

まるで神様がいたずらをしたような不運が自分の人生に訪れ、大切にしていたものを全部もっていってしまったとしたら…

「信頼していたのに裏切られてくやしい!!」と何度も生徒さんに言われていくうちに私の心は、だんだんと暗く荒んでいきました。

leaf-and-water-drop

 

ネガティブな感情に毒されて

スクールの近くに住んでいた彼は心配をしてくれて、このころはほぼ毎晩家まで送ってくれていたのですが、帰り道に食事をしていても私の口からでるのは、ネガティブなことばかり。。。

出会ってからそれまでの私は、いつも明るく前向きで、仕事をバリバリをこなす颯爽とした女性だったのに、日を追うごとに後ろ向きになっていく私には、閉校処理を終わった1か月ごは魅力のかけらもなくなっていきました。

幸い次の仕事はすぐ見つかったのですが、自分の心もダウンしているときに就いた職場で、いいことがおきるはずもなく、ここでは人生初の社長にセクハラされる!!という目に遭い1か月もしないうちに退職。

そして次にとりあえずみつけた仕事もパッとしない仕事だったので、だんだん心が荒んできて前向きさもやる気も、私の心からなくなってしまった頃を見計ったように、彼から「サヨナラ」を言い渡されてしましました。

「仕事がなくなったくらいで、そんなに人が変わってしまうなんて… もっと強い人かと思った」

悪い時には悪いことが重なるものですよね。 それが別れの理由でした。

というわけで私はたった3か月の間に、一生懸命に頑張ってきた仕事も、大切にしていた彼もなくしてしまったのです。これぞまさに人生のどん底。 毎日一人になるとワンワンと泣いて暮らしていました。

私はとても、とてもさみしがり屋の性格なので、特定の彼がいないとは心が悲しくて元気がどこからも湧いてこない人。

candle-light

ほぼ全てを失い・・・

普段の仕事をバリバリこなしている男らしい陽性な自分とは、全く違うもうひとりの女らしい陰性な自分が心の中に存在していて、両方のバランスが取れていることで心の安定が生まれるというタイプなので、恋だけとか、仕事だけという状態だと、ものすごくバランスが悪くなり、同時に性格もかなりネガティブに悪くなってしまうようです。

そんな不器用な私が恋も仕事も両方失ってしまったのですから、救いようのない状態に陥ってしまったのは間違いもない事実。

どうやったらこのどん底の状態から抜け出せるのだろうか??

そんな前向きな気持ちはみじんも持てぬまま、ただただ辛く悲しい時間だけが、どんどん流れてゆきました。

そしてたった一人で寂しい28歳の誕生日を迎えたのが、今から25年前。 今、思い出しても心がキューっとしてしまうほど、いつまで続くのかわからない暗いトンネルの中を、ひたすらトボトボと歩いているような日々。

さて、私はこのあと立ち直ることができるのでしょうか??

 

この続きは、写真をクリックしてくださいね。

はりまや佳子

【4月開講】オーガニック料理基礎コース(1年) 第12期生募集中!!

(銀座校)

  • 月曜昼クラス ⇒ 満席、キャンセル待ちで受付中
  • 火曜夜クラス ⇒ 満席、キャンセル待ちで受付中
  • 水曜夜クラス
  • 木曜夜クラス
  • 金曜昼クラス

(蒲田校)

  • 第1日曜クラス ⇒ 満席、キャンセル待ちで受付中
  • 第3土曜クラス ⇒ まもなく満席
  • 第3日曜クラス
  • 第4土曜クラス
  • 火曜昼クラス
  • 水曜昼クラス

たった2時間でマクロビオティックの理論とオーガニック料理の基本がわかる1DAYレッスンを開催中!

【1DAY】はじめてのオーガニック料理

blog_banner01k

【無料】基礎コース★スクール見学会

blog_banner01l

スクール説明会ではご希望の方に5分間の食事アドバイスもしています

【無料】基礎コース★スクール説明会

blog_banner01m

みなさんのご参加をスタッフ一同、心からお待ちしております。

 

オーガニック料理基礎コース★第14期生募集中!オーガニック料理教室G-veggie

食べ物を変えると、心と体が変わる

人生が変わる オーガニック料理基礎コース

第14期生基礎コース(1年間)ただ今生徒さん募集中!

 

マクロビオティック理論ベースのオーガニック料理を4月からスタートすると、血液が入れ替わるおよそ4ヶ月後の9月頃から、心も体も内側からキレイに生まれ変わりはじめます。

You are what you eat!! (人間は食べた物のようになる)

だからG-veggieでは、その変化を体感していただくために、1年間という時間をかけてじっくりと基礎から学んでいただいるのです。

本コースを受講していただければ、「バランスの取れた食生活」と「正しい生活習慣」を身につきます。 すると疲れやすい体や、落ち込みやすい不安定な心といった様々な不快な症状や感情に悩まされることがなくなります。だから、健康で心おだやかな毎日が過ごせるようになります。



 



ヴィーガン(ビーガン)やベジタリアンの方々からも大人気の、元気になれるオーガニック料理を学んでみませんか?




詳しくはこちらから

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください