実践!オーガニックライフ

夏の終わりを元気に過ごす!オーガニックな6つの方法


こんにちは、日本オーガニックライフ協会代表理事オーガニック料理教室G-veggie代表のはりまや佳子です。晩夏の季節とはいえ、みなさんいかがお過ごしですか?

夏が終わり秋へと向かうこの時期をマクロビオティックでは晩夏と呼び、春夏秋冬についで第5番目のシーズンと位置付けています。

春から夏にかけては気温がどんどん上昇し、太陽がパワーを増大し続けてきましたが、夏の盛りを越えると今度は日を追うごとに気温が下がり、これからは次第に太陽が力を弱めてきます。

太陽が春夏の元気なエネルギーから太陽が秋冬のおだやかなエネルギーへと変化していく、季節の変わり目の晩夏というシーズンは、気候が安定しないために体調をもっとも崩しやすい時期で、夏バテや夏風邪で体調を崩す方が多くなります。

そんな不安定な時期だからこそバランスのとれた食べ物や、暮らし方をしてくことが大切です。

【晩夏のおススメの食べ物】

穀 物 … あわ・ひえ・きびなどの雑穀・もち米・オーツ麦
野 菜 …結球性の野菜(キャベツ、玉ねぎ、かぼちゃ・かぶ)
豆、豆製品 …ひよこ豆
海 藻 …あらめ
魚介類 …小さい海魚(たら、おひょう)
果 物… 桃、アプリコット、プラム

 

【晩夏のお料理のコツ】

味つけ  …自然の甘味のあるものを増やす
調理方法 …煮しめ、煮物、長時間の炒め物・蒸し物・茹で物、プレスサラダ
調味料  …気温の下降とともに塩気を増やす

G-veggie晩夏のオーガニック料理レシピ集】

そして夏バテや夏風邪で体調を崩しやすいこの時期を、快適に過ごすため下記のようなことに気を付けてみてください。

 

【晩夏を元気に過ごす、オーガニックな6つの方法】

1.朝夕涼しくなってきたら、身体を冷やす夏野菜の摂取を控える。
2.冷たく冷やした飲み物や食べ物は控え、常温以上のものを摂取する
3.生サラダは控え、煮物など火を通す時間が長い料理を食べる
4.穀物をしっかりいただくため、栗ご飯や芋ご飯などの主食を楽しむ
5.具のたくさん入った汁物をいただく(けんちん汁など)
6.胃腸をいたわるため小食を心がける

夏野菜とは、じゃがいも、トマト、ナス、きゅうり、アボガド、ゴーヤ、アスパラ、おくら、ピーマン・ほうれん草・パプリカなどのことで、マクロビオティックでは心と身体を冷やし、緩める陰性の力の強い野菜のことです。

 

これからのシーズンは気温が徐々に低くなっていきますので、寒くなった分だけ身体を温めるよう心がけるのが、健康とアンチエイジングへの近道!!

夏の間は食欲がなくて野菜ジュースや果物、豆乳、スムージーなどで、朝食を簡単に済ませていた方々もいらしたと思いますが、朝から体を冷やしてしまうものをいただくと、これからのシーズンは身体がどんどん冷えていって、体調が坂を転げるように悪くなりますので要注意!!

人は朝、起きたときには最も体温が低い状態ですが、太陽が昇りはじめるとともに体温が上昇しはじめ、それとともに活発に動けるエネルギーが体に充満してきます。

身体が自然界の強大な太陽のエネルギーにあわせて、体温を上昇して元気になろうとしている朝の時間に、身体を冷やすものを飲んだり食べたりしていると、一日中体温がうまく上がっていかなくなるために、低体温という状態になってしまいます。

人間の体温は36.5度以上であることが健康の証ですが、最近は冷房の普及や朝食抜き、身体を冷やす飲食物での朝食が習慣化して、体温が35度台の低体温の方がとても多いようです。

体温は1度下降すると免疫力が30%も下がり、ありとあらゆる病気になる可能性が高くなりますので、体温が上がっていく朝にどんなものをいただくかといのは、健康状態を保っていく上でとても大切なことですので、朝は体を温めるものをいただくようにしましょう。

また、下記のような症状のある方は、体の冷えが原因の夏バテかもしれませんよ!
□体がだるい
□食欲がなくなる
□疲れがたまる
□よく眠れない
□お腹の調子がイマイチ

上記のような不快な症状にお悩みの方、オーガニックの力で夏バテを防止しませんか?

このセットを購入した方からは…
「オフィスや通信電車のクーラーにやられてしまい、早くも夏バテ気味になってしまいました。夏バテセットの中でも、私のお気に入りは腹巻です!
「夏に腹巻?!」
と聞くと暑苦しく、蒸し蒸ししてしまうイメージがありますが、生地が薄くて柔らかいので、キャミソール代わりにお腹から下を布で覆うイメージで着られます。着て寝ると、次の日の朝が驚くほど、目覚めが良く、体も軽やかで驚きました!!お腹を温めるだけでこの体の変化は本当に驚きです!!
お値段もお手頃なので、色違いで持っています。見た目がモコモコしてて可愛いので、オバさんっぽくないのも、嬉しいポイントです。」

(Y.S.さん29歳)

人間の体は温めれば温めるほど健康になり、冷えれば冷えるほど病気になるようにできているという自然の法則を、是非、覚えておいてくださいね。

今日も最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしください♪

どんなセミナーが開催されるか一目で分かるG-veggieのセミナーカレンダー♪ セミナー名をクリックするとホームページにリンクしますので、お申込も簡単にできます。

【G-veggieおススメ1DAYレッスン♪】

みなさまのお申込みをスタッフ一同、心からおまちしております

オーガニック料理教室G-veggie 

  • (銀座校)中央区銀座3-12-19 銀座楽心ビル1階
  • (蒲田校)大田区東蒲田2-5-11
  • Tel   : 03-6715-8772 / fax : 03-6733-8760
  • Mail  :info@g-veggie.com
  • Blog  :https://g-veggie.com/blog/

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください