実践!オーガニックライフ

話題のダイエット法、スローカロリーって何?


おはようございます。オーガニック料理教室G-veggie代表のはりまや佳子です。 みなさん今日もお元気ですか?

今日はG-veggieにとって記念すべき日!! その理由は…

「フードロスゼロ料理アドバイザー認定講座」の初めての開催日だから♪

初開催日から食に対して意識の高い受講生さんからたくさんの方にお申込みいただき、本当にありがとうございます。

この講座はオーガニック料理ソムリエ認定講座同様、これからも毎月定期的に開催していき、たくさんの方に「食べ物を大切にする術」をお伝えしていきたいと思っていますので、興味のある方は是非、ご参加いただけますよう、よろしくお願いいたしますね。

さて、ここからが本日の本題。

オーガニックな生活をしていると、「早い、安い」といったコスとパフォーマンス重視の価値観よりも、のんびり、上質といった暮らしの質を重視した丁寧な生き方が心地よいという価値観になるものですよね。

ファストライフよりもスローライフの方が、心も体も健康になれるというのが15年間オーガニックライフを実践している私の実感なのですが、このスローがいいという価値観が、なんとダイエット中の方が気にしている、カロリーの世界でも話題だそうなんです。

 

スローカロリーって何?

スローカロリーとは、口にいれてから体に入り胃で消化され、その後ゆっくりと小腸全体で消化吸収される食べ物のこと。

これまでのカロリーの常識は「高い・低い」といった数的な価値観が重要視されていましたが、スローカロリーの概念では、カロリーの量ではなく「質」が肝心! しかも糖質制限ダイエットのように糖質をすべてゼロにする必要はないので、炭水化物好きの方には朗報ですね♪

米やパン、麺類、パスタなどの穀物に含まれる炭水化物は、小腸で分解されたり、肝臓で代謝されたりして、ブドウ糖となります。ブドウ糖は人間にとって不可欠なエネルギー源で、特に脳の働きには重要な栄養素と言われています。

ブドウ糖が血液に取り込まれると血糖値が上がり、同時に血糖値上昇を抑えるインスリンも分泌されますが、血糖値の急上昇は大量のインスリン分泌を伴い、それによって体内に脂肪をためこみやすくなるといわれています。

私たち女性の永遠の敵、肥満を抑制するためには、この血糖値の急上昇(食後高血糖)を防ぐことが重要なカギとなります。

 

ファストカロリーって何?

ファストカロリーとは、口にいれてから体に入り胃で消化され、その後、小腸上部ですぐに消化吸収される食べ物のこと。ファストカロリーの食べ物はすぐに消化吸収されるため、血糖値の急上昇を招くことで体に悪影響を及ぼします。

ファストカロリーの食べ物を食べると、血糖値が急激に上がるため、血糖値の上昇を抑えるインスリンの分泌が間に合わなくなります。

インスリンの量が少なかったり、分泌されても上手に働くことができなくなると、血糖が一定の値を超えて高い状態が続きます。この状態が糖尿病!!

現在、日本を含むアジアで糖尿病の患者さんが急速に増え、大きな問題となっていますが、その原因は、食生活の欧米化にあるといわれています。

 

欧米食は高カロリーで、しかもファストカロリーの食べ物が多く、内臓脂肪が蓄積しやすいのです。 内臓脂肪型肥満のうえに運動不足だと、必要なインスリンは通常の数倍にもなるそう。実はアジア人はもともとの体の仕組みとして、欧米人よりインスリンを分泌する量が少ないので、軽度の肥満でも糖尿病になりやすい民族なのだそうです。

私はアメリカに行くたびに、「日本では考えられないほどの肥満の方がたくさんいるな~」って思っていましたが、どうやら日本人はアメリカ人のような超肥満体になる前に糖尿病を患い、ドクターストップがかかることが、その理由だったようです。

 

スローカロリーの食べ物って何?

血糖値の上昇がおだやかな食べ物は…

  • 玄米
  • 雑穀
  • 野菜
  • キノコ
  • 海藻
  • 豆類

といったマクロビオティック理論ベースのオーガニック料理でおススメしている食べ物ばかり。 これらの食べ物は陰陽バランスがととのっているので、食べれば食べるほどに、健康で美しくなれます

一方、ファストカロリーのたべものはといえば…

  • 白米
  • 精白小麦
  • 菓子類
  • ジュース・清涼飲料水

これらはマクロビオティック理論ベースのオーガニック料理ではオススメしていない食べ物ばかり。

食べ物のカロリーの質にこだわるスローカロリーの考え方は、マクロビオティックの理論とピッタリ一致!! これはまさに近代栄養学とマクロビオティックの融合といっても過言ではないでしょう♪

スローカロリー実践法

スローカロリーを実践して健康になるためには下記の点にも気をつけてみてください。

  1. 野菜・キノコ・海藻を先に食べる
  2. よく噛み時間をかけて食べる

野菜・キノコ、海藻には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には糖質・脂質・コレステロールの消化を遅らせる作用があるので、先に食べておくことで血糖値の急上昇を未然に防いでくれます。

ですから、野菜・キノコ・海藻をたっぷりと入れたお味噌汁やスープから食事をスタートすれば、体の中から温まり、さらにダイエット効果アップ♪

 

G-veggieのオーガニックレシピ集

【レシピ】夏バテに効く 玉ネギとえのきのお味噌汁

【レシピ】甘くて美容効果抜群 かぼちゃと玉ねぎの甘いお味噌汁

【レシピ】朝から活力が湧いてくる!大根の生姜みぞれ味噌汁

 

また、ゆっくりよく噛んで食べると食事に時間がかかるので、食べ物が穏やかに消化吸収されます。一方、早食いは血糖値が急上昇し、食べる量も多くなりがち。

人はお腹がいっぱいと認識できる満腹中枢が刺激されまでには時間がかかります。その時間は食事を開始してからおよそ20分後と言われていますので、ゆっくり食べることで食事の量が少なくても満腹と脳が感じてくれ、その結果ダイエットにもつながります。

まもなく食欲の秋がやってきますが、その前に、スローカロリーの食べ物で、ゆっくりのんびり食事をする習慣をつけて、健康と美の両方を手に入れてみませんか?

今日も最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしください♪

 

どんなセミナーが開催されるか一目で分かるG-veggieのセミナーカレンダー♪ セミナー名をクリックするとホームページにリンクしますので、お申込も簡単にできます。

【G-veggieおススメ1DAYレッスン♪】

みなさまのお申込みをスタッフ一同、心からおまちしております

オーガニック料理教室G-veggie 

  • (銀座校)中央区銀座3-12-19 銀座楽心ビル1階
  • (蒲田校)大田区東蒲田2-5-11
  • Tel   : 03-6715-8772 / fax : 03-6733-8760
  • Mail  :info@g-veggie.com
  • Blog  :https://g-veggie.com/blog/

 

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください